月経困難症の症状を改善するには薬餌療法や適度な運動などが必要です

ただの生理痛ではなく月経困難症だった

月経困難症 改善月経困難症悩み別漢方

勉強に支障きたすほどの腹痛ただの生理痛ではなく月経困難症だった薬や運動で改善することができる

部活動にも参加することができず、女の子何て本当に嫌だと考えてしまいます。
男子のことを羨ましく思うこともありましたが、こればかりは変えようがありません。
中学から高校や大学へ進んでも、生理中に起こる激痛は軽くなりませんでした。
学校を卒業し就職してからもひどい痛みのため、生理中は横にならないと耐えることができません。
辛さのため、何度か学校や仕事を休んでしまったこともあります。
日常生活に支障をきたしているため、思い切ってお医者さんに相談することにしました。
詳しく診察を受けると、先生から説明された診察結果は月経困難症だと言うことです。
今までに聞いたことがない病名だったので、詳しく説明をしてもらいました。
月経困難症は、生理中やその前後の期間で病的な痛みを発症するのが特徴だと言うことです。
時々痛くなることがある生理痛とは違い、日常生活に支障をきたすことも特徴だと言う説明でした。
この症状には2種類あり、私の場合は機能性月経困難症だと言うことです。
他に原因になるような病気がなく生理初日に感じることが多い症状で、子宮の収縮によって痛みが起こると言うことでした。
プロスタグランジンと呼ばれている物質の数値が高くることも特徴の一つで、ホルモンに似ている働きをするものです。
子宮内にある不要になった粘膜などを体外へ放出するため、収縮させる働きがある物質だと言う説明でした。